節約男子はケチではない

有効なお金の使い方を伝えていきます。物やサービスの情報も発信します。

QRコード決済は現金払いよりも時間がかかるという事実

f:id:yossyman:20190321105453j:plain

冷静になって、QRコード決済の速度について考えてみました。というのも、僕はPayPayを使い続けていますが、前々から気になっていたことがあります。

 

QRコード決済は、素早く支払いできているように思えていたけど、もしかしたら現金で支払うより時間がかかっているんじゃないかと。もし、これが本当だとしたら、キャッシュレス派は結構ショックを受けるでしょう。

気づいた点その1。アプリの起動時間がタイムロスを生みます。

PayPayの会計の流れを説明します。

レジに着き、まず、スマートフォンの電源を入れて、アプリケーションを起動します。

次に「支払う」ボタンを押すと支払い方法が選択できます。

QRコードを読み取り、金額を打ち込んで店員に見せれば、支払いが完了します。

文章にすれば、3行程度の内容ですが、実際、結構面倒です。アプリを起動するのにも若干の時間がかかり、レジの後ろに並んでいる人からのプレッシャーを感じます。

気づいた点その2。店独自のポイントカードとの併用はタイムロスに繋がる。

店で発行しているポイントカードを使う場合。

流れとしては、財布からポイントカードを出して、ポイントをつけてもらった後、ポイントカードを財布に閉まって、その次にスマホを取り出して、起動して、支払い操作を行ってレシートをもらって。

やってみてわかったことですが、財布と携帯で手塞がったところにレシートと商品を受け取るので、手元がごちゃごちゃします。

 

優秀なお店はこのようにやっている。

QRコードを読み取るのではなく、バーコードを読み取ってもらえるお店。これはかなり早いです。

ポイントカードはアプリに移行させていること。支払いに財布と携帯を出す手間が省ける、

これらの方式になったドラッグストアが「クスリのアオキ」です。

まとめ

現金よりも便利に使いやすくならなければいけないのに本末転倒なような気がします。