節約男子のゴールドラッシュ

濃いレビューを書きます

サーモスのスープジャー「JBT400」でランチがかなり捗った。

f:id:yossyman:20200206183206j:plain

晩御飯で多めに作りすぎてしまったスープですが、何日もかけて消化していると、そのうち腐るんじゃないかなと思って、ランチにも持っていきたいと思ったのがきっかけでした。

どのスープジャーがいいか色々とレビューサイトを見ていたところ、サーモスが評価が高かったので、サーモスの真空断熱スープジャー「JBT400」を購入しました。

良いところ、悪いところはありますが、買ってよかったと思える品でした。

サーモスの真空断熱スープジャー「JBT400」

容量(ℓ) 0.4
保温効力(6時間) 59℃以上
保冷効力(6時間) 11℃以下
本体寸法/幅×奥行×高さ(約cm) 9.5×9.5×13
本体重量(約kg) 0.3

メーカーが公表している保温・保冷効力は、室温20度前後の部屋にスープジャーを置いて熱湯(95度)・冷水(4度)を入れた状態です。

注意点として、容量が大きいと冷めにくく、容量が少ないと冷めやすいということです。湯の量が違う2つのコップを用意して実験してみるとはっきりわかると思います。

レビューサイトでは、各メーカーのスープジャーの保温力を比較しているのを見かけますが、容量がバラバラなもので比較しているのを見かけますので、そこは注意しましょう。

中身の構造について

f:id:yossyman:20200206182945j:plain

パーツ数は5つ(パッキンを含める)です。

f:id:yossyman:20200206183039j:plain

ステンレス2重構造になっていて、真空の力で保温力を高める仕組みです。止水部(内側に出ているところ)の1cmまでスープを入れましょう。それ以上入れると蓋を閉めたとき、あふれてしまいます。

内蓋装着時

内蓋装着時

保温力を持続させる方法

少し手間がかかりますが、スープを入れる前にお湯等で容器を温めておけば保温力が持続します。また、規定のラインまでスープを入れたほうがいいです。

専用のポーチに入れるとより保温力が増します。

サーモス スープジャーポーチ ブラック 300~500ml用 RET-001 BK

サーモス スープジャーポーチ ブラック 300~500ml用 RET-001 BK

  • 発売日: 2019/08/21
  • メディア: ホーム&キッチン
 

良かったところ 

一番は温かいスープをランチで食べれるようになったことです。弁当のおかずを作る手間も減らせたし、大量に作ったスープを傷む前に処分できるので、全体的に効率よくなった気がします。

残念だったところ

完全な熱々を維持することはできないところです。蓋の部分から熱が漏れているのでしょう。ただ、どのメーカーでもこの問題を解決するのは難しいので、ある程度温度は下がるものと割り切った方がいいです。後、400mlの容量は割と深いので、弁当に付属の短い箸だと食べにくいので専用のスプーンも買った方がいいです。

サーモス フードコンテナースプーン ネイビー APC-160 NVY

サーモス フードコンテナースプーン ネイビー APC-160 NVY

  • 発売日: 2015/09/01
  • メディア: ホーム&キッチン
 

まとめ

他社との比較はしていませんが、サーモスを買っておけば間違いは無いと思います。

 

サーモス 真空断熱スープジャー ブラック 400ml JBT-400 BK

サーモス 真空断熱スープジャー ブラック 400ml JBT-400 BK

  • 発売日: 2019/08/21
  • メディア: ホーム&キッチン