かねため | 節約中心の雑記ブログ

節約男子です。一般的な節約情報と違うことを書きます。

ウォーターサーバー信濃湧水を二か月使った結果をお伝えします。

赤ちゃんのミルクを作る時間を省く手間からウォーターサーバーをレンタルしてみました。
それまでウォーターサーバーを触ったことが無かったので、レンタルして二か月経って、機械の特性や癖がわかりました。

信濃湧水に決めたのは、電気代と水代が他社製品よりやや安めかなと思ったからです。
その選び方では後悔していませんし、コストがかからないのは大切なポイントです。

赤ちゃんのミルク作りの観点でのレビュー

赤ちゃんのミルクを作りで大切なことは、いかに素早く簡単にミルクを作れるかです。
特に深夜のミルク作りは、眠くてしんどいのでさっさと作りたいという人が多いと思います。
メリットはウォーターサーバーはボタン1つでお湯が直ぐ出るのでミルクが楽に作れます。

デメリットについて

デメリットは、ボトルを注文しても直ぐに来ないことでした。
注文して2日後に来ますが、その間ボトルが空になってしまい、お湯が出せませんでした。
ゴールデンウィーク時は1週間届かなかったので、使い勝手は良くないです。

2つ目は、水のタンクが空になってしまうとサーバー内部のメンテナンスの時はお湯が出せないことです。
深夜のミルク時にこれに当たるとかなりイライラします。
メンテナンス時間は設定で変更できるので都合いい時間帯に設定しましょう。

やかんでお湯を沸かす方が楽!?

意外にも、やかんでお湯を沸かしても時間はかかりません。
150mlの水なら、粉ミルクを容器に入れる時間程度でお湯になります。
ちょっと手間が増える程度です。

1番の問題は、コストが高いということです。
3ガロン11リットル1,600円は結構気にしてしまう価格です。

まとめ

ウォーターサーバーも手間がかかることもあるので、絶対オススメできるというわけではないです。