節約男子のゴールドラッシュ

濃いレビューを書きます

11月16日まとめ 西友のDX強化 レーザー兵器開発

KKR・楽天、西友に出資へ

米投資ファンドのコールバーグ・クラビス・ロバーツ(KKR)と楽天がスーパー大手の西友に出資する方向で、西友の親会社の米ウォルマートと調整に入ったことが15日、わかった。

楽天は人工知能(AI)での顧客分析、自動ロボットの研究も進めており、西友と店舗のデジタル化を進める。

DX技術の進化により、これまでのスーパーマーケットとは違う新しいスーパーができるようだ。

ロボットしかいない倉庫のようなスーパーもあり得る。客はネットで商品を注文し、ロボットが商品を探し、スーパーにあるボックスに商品が入れられるので客は好きなタイミングで取りに行けばよい。

自動運転での宅配とかも将来あり得そう。そういった意味で色々な可能性を秘めている。

防衛省、車載レーザー開発へ

防衛省は小型ドローンを使ったテロなどに備え、車載型のレーザー装置を開発する。高出力レーザーの熱でドローンを攻撃し墜落させる。車両に載せて機動性を確保し、テロの発生場所まで迅速に移動できるようにする。

人類はここまで進化したのかという記事。

先ず、ドローンが恐ろしい。空飛ぶラジコンのイメージがあったが、銃、爆弾など装備させれば立派な兵器になる。それに対して、レーザー装置(兵器)にて、不審なドローンに対してレーザーを照射させて撃墜するという、まさにターミネーターの世界に近づいているような気がする。