節約男子のゴールドラッシュ

濃いレビューを書きます

11月13日のまとめ。脱炭素。コロナ相場で取引が活発

脱炭素へ税優遇 政府・与党 再生エネ製品の設備投資 研究開発支援で基金も

2050年までに温暖化ガスの排出量を実質ゼロにする目標に向け、政府・与党が検討する政策が判明した。温暖化ガスの削減につながる製品の生産設備への投資に優遇税制を導入し、研究開発を支援する基金も創設する。

日本が本格的に動こうとしている。日本は20世紀は環境先進国だったが、現在は海外に後れを取っている。

  • 次世代型リチウムイオン電池
  • 風力発電
  • EV

この辺りがキーワードになってくる。

 

コロナ相場で売買膨らむ 世界の取引所、最高益に 7~9月、データビジネスも成長

現物市場はほぼ東証の独占状態にある。金融庁は今後、証券会社に東証以外の私設取引システム(PTS)の利用を促す方針