節約男子のゴールドラッシュ

濃いレビューを書きます

脱炭素

11月17日まとめ 日米豪とASEAN、CO2地下貯留で連携

日米豪とASEAN、CO2地下貯留で連携 日米豪と東南アジア諸国連合(ASEAN)各国が、温暖化ガス削減に向けた新たな手法で連携する。二酸化炭素(CO2)を地下に埋め大気中への排出を減らす事業で協力する。 脱炭素に向けた良いニュース。中国が入っていないこと…

11月17日まとめ オムロンなど昨年度CO2を2割減

オムロンなど昨年度CO2を2割減 2019年度の温暖化ガス排出を前年度比で減らした企業は4割にのぼり、オムロンなど約20社で削減幅が2割に達した。 オムロンは19年度の二酸化炭素(CO2)排出量を前年度より22%減らした。滋賀、京都、三重、岡山の国内4事業所で太…

11月15日のまとめ。関税撤廃、再生エネが生む雇用

対中工業品輸出、関税86%撤廃 日本など15カ国が参加する東アジア地域包括的経済連携(RCEP)で、日本から中国に輸出する工業品の関税撤廃率が86%にのぼる見込みとなった。 参加国は日本、中国、韓国、オーストラリア、ニュージーランド、シンガポール、マレ…

11月11日のまとめ。東芝、石炭火力の建設撤退 脱炭素

東芝、石炭火力の建設撤退 脱炭素再生エネに軸足移す 再生エネの普及や環境対策を重視するESG投資の広がりで、温暖化ガスを多く排出する石炭火力発電はグローバルで需要が落ち込んでいる。 石炭火力発電事業は今後衰退していくものと考えられる。

11月13日のまとめ。脱炭素。コロナ相場で取引が活発

脱炭素へ税優遇 政府・与党 再生エネ製品の設備投資 研究開発支援で基金も 2050年までに温暖化ガスの排出量を実質ゼロにする目標に向け、政府・与党が検討する政策が判明した。温暖化ガスの削減につながる製品の生産設備への投資に優遇税制を導入し、研究開…